カラー後の炭酸シャンプーのメリット

 

カラーリングした後に美容師さんから「炭酸シャンプーしませんか?」と勧められたことはありませんか?

実はあれ、営業トークではなく(もちろん美容室へいくらか収入になるでしょうが…)、しっかりとした理由があるんです。

そこで今回は、カラー後に炭酸シャンプーをするべき4つの理由をご紹介します。

カラー後に炭酸シャンプーがおすすめなのはなぜ?

そもそも、炭酸シャンプーは普通のシャンプーと何が違うのでしょうか?

炭酸シャンプーとは
炭酸シャンプーは、普通のシャンプーに二酸化炭素ガスが充填されたシャンプーのことです。
炭酸が逃げないようにするため、炭酸シャンプーのボトルはスタイリングスプレーのように缶に入っています。

普通、美容院では炭酸スパが2,000円~3,000円ほど、カラー後に簡易的に炭酸シャンプーで洗浄する場合だと500円~1,000円ほどの追加料金で実施できます。

これまで「いえ、普通のシャンプーで大丈夫です…」と断ってきた方も、カラー後の炭酸シャンプーにどんなメリットがあるのかだけでも確認してみましょう。

炭酸シャンプーは、購入しようとすると普通のシャンプーよりもちょっと高めなのがデメリットですが、それを上回る4つのメリットがあるため、モデルさんなど美意識の高い女性たちの間で人気になっています。

1:残留アルカリを除去してphバランスを整える

カラーリング剤は一部の液剤を除けば、ほとんどがアルカリ性です。

そして、カラーリングで使用した液剤は毛髪や頭皮にしっかりと付着していて、普通にシャンプーしたくらいでは落ちません。

そのため、カラー後の頭皮や髪はphバランスが常にアルカリ性に傾いた状態になります。

カラー後のアルカリ性に傾いた頭皮や髪をそのままにしておくと、退色が早まったり、毛髪がダメージを受けたりする原因になります。

炭酸シャンプーに含まれる炭酸にはクレンジング効果があるため、カラー後に使用することで毛髪や頭皮についたアルカリ性の液剤を除去してくれます。

そして、炭酸も肌や頭皮と同じく弱酸性です。

そのため炭酸シャンプーを使って頭皮と髪を洗ってあげることで、カラー後の傾いてしまったphバランスを正常な弱酸性に戻し、毛髪が一番安定しやすい状態にしてくれます。

2.キューティクルの収れんでカラー持ちアップ

よく美容師は「炭酸シャンプーするとカラー持ちがよくなるよ」と営業トークするのですが、その根拠になっているのがキューティクルの収れん効果です。

カラーリング剤は、髪にカラーを入れるために毛髪のキューティクルを開いてから色を入れていきます。

そしてカラーを終えた段階でキューティクルは閉じる必要があるのですが、これをしっかりやらないと、開いた状態のキューティクルからカラーだけでなく、水分まで抜けてしまいバサバサの髪の毛になります。

炭酸シャンプーに含まれる炭酸には、カラーリングで開いてしまったキューティクルを締める収れん作用があるため、カラー後に使うことでキューティクルを引き締め、カラーや髪の潤いをしっかり髪内部に閉じ込める効果が期待できます。

こうすることでカラーの退色を防ぐことができ、色持ちを向上できます。

スタッフ
後ほどご紹介しますが、しっかりした炭酸シャンプーは、洗浄成分にもこだわっているのでカラー持ちがかなり改善されます。
そのためカラーリングする頻度が少なくなって、意外とトータルではコスパが良くなることが多いんです。

3.カラー後の消臭効果

カラーリング剤も改良が進んで、10年前のものと比べるとはるかにイヤなニオイが軽減しました。

ただ、どうしてもカラー後は「独特のニオイが気になる…」という方も多いのではないでしょうか?

アンモニアのようなニオイは、カラーを髪に入れる仕組みとも関係しているため、現状では全くなくすことはできないそうです。

そんなニオイにも炭酸は効果的。
炭酸シャンプーの炭酸は、男性のスカルプケアにも使われるほど、消臭効果があり、カラー後のイヤなニオイを消してくれます

これはニオイをごまかすというよりは、炭酸のクレンジング効果でニオイの原因である残留したカラーリング剤をきれいに落とせるためです。

シャンプーの香りでごまかすのではなく、ニオイの原因を炭酸シャンプーで落とせるので、大事な日のために気合を入れてカラーリングする時など、特にしっかり炭酸シャンプーでニオイを落とすことをおすすめします

スタッフ
カラーを入れて普段のシャンプーを使った後に炭酸シャンプーを使うと、付着していたカラーリング剤で色の付いた水がまだ流れます。

4.トップのボリュームやハリ・コシのアップ

カラー後に「トップにボリュームが出にくい…」と感じている方は、炭酸シャンプーを使うことで改善されることがあります。
*ノンシリコンの炭酸シャンプー使用の場合

毛髪にシャンプーに含まれるシリコン(合成ポリマー)カラーリングの液剤が付着したままにしておくと、どうしても髪が重くなり、セットしても少しするとぺたっとした印象になりやすくなります。

美容院で使われている炭酸シャンプーがノンシリコンの場合、炭酸のクレンジング力で毛髪に付着したシリコンやカラーリングの液剤をきれいに落として、毛髪の状態を一回リセットできるので、髪に軽さやハリ・コシを感じやすくなります

スタッフ
ただし、ノンシリコンの炭酸シャンプーを使うと、これまでシリコンで誤魔化していたダメージヘアがそのまま露出するため、髪が補修されるまでしばらくキシミを感じることがあります。

カラー後におすすめの炭酸シャンプー3選

インプライムソーダシャンプー

美容院で炭酸スパをお願いすると2,000円~3,000円くらいが相場

実は、サロン品質の炭酸シャンプーは1本購入しても同じくらいの価格です。

カラー後に1回だけ炭酸シャンプーを使用するよりも、毎日のシャンプーを炭酸シャンプーに切り替えた方が、はるかに効果を実感しやすいです。

これからご紹介する炭酸シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸系を使用しているため、炭酸と組み合わせることでさらにカラー持ちを向上できます

スタッフ
市販のいわゆる500円前後で販売されているシャンプーには、「ラウレス硫酸ナトリウム」や「オレフィン(C14-C16)スルホン酸ナトリウム」などの高級アルコール系という洗浄成分が使われていて、退色作用があるためカラー持ちが悪くなります。

1.Le ment(ルメント)

炭酸シャンプーのボトル

山田優さん愛用!炭酸シャンプーのパイオニア

  • 炭酸濃度:5,000ppm
  • 洗浄成分:ココイルグルタミン酸Na(アミノ酸系)
  • 保湿成分:レアオイル・リピジュア・ケラチンなど

山田優さんなどモデルさんたちが愛用していることが人気に火が付き、100万本以上売り上げる非常に人気の高いLe ment

これまで炭酸シャンプーは美容院やヘアケアサロンだけのものという印象を作り変えた炭酸シャンプーのパイオニア的存在です。

人気が高いのもうなずける優れた成分配合も魅力。

高濃度5,000ppmの炭酸と、アミノ酸系洗浄成分で洗い上げたら、ヒアルロン酸の2倍の保水性を持つと言われるリピジュアや、高級スキンケア用品に配合されるレアオイルでしっかりと髪を保湿。

最後に毛髪補修成分である加水分解ケラチンがキューティクルを保護して、水分の蒸発を防ぎます。

カラー後のダメージを受けた状態の髪の毛をしっかり補修してくれます。

また、シリコンの入ったシャンプーからノンシリコンに切り替えるときしみを感じる方が多いですが、Le mentはレアオイルを配合することでしっとりと仕上げてくれます。

その他にも多くの成分が配合されていますが、気になる方はレビュー記事もご確認ください。

 

2.ナプラ インプライムソーダシャンプー

カラーによるダメージヘア系のくせ毛にはコレ

  • 炭酸濃度:10,000ppm
  • 洗浄成分:ココイルグルタミン酸TEA(アミノ酸系)
  • 保湿成分:加水分解ケラチン・加水分解エンドウタンパクなど

ナプラはサロン専売のヘアケアアイテムを多く手掛けるメーカーです。

インプライムソーダシャンプーは、サロン専売品らしくカラーによるダメージヘアをリペアする成分が重点的に配合されているのが特徴。

ダメージ補修効果のある加水分解ケラチンや、キューティクルの保護効果のある加水分解エンドウタンパクなどが、カラーを繰り返したダメージヘアを自然にまとまりやすい髪にしてくれます。

サロン専売品ですが、Amazonなどの通販サイトで購入できます。

3.グレースシードステラ

ステラの炭酸シャンプー

100種類のボタニカル成分でカラー後のダメージを徹底リペア

  • 炭酸濃度:5,000ppm
  • 洗浄成分:ココイルグルタミン酸Na(アミノ酸系)
  • 保湿成分:マカデミア種子油・ツバキ種子油・ホホバ種子油など

オーガニック認証を受けたエッセンシャルオイルを贅沢に配合したのが特徴のグレースシードステラ

特に、レアオイルに分類されるマカデミア種子油には、髪の毛の成分になっているパルミトレイン酸やオレイン酸が含まれていて、浸透力も高いため髪の内部まで浸透して内側からきれいな髪を作ります。

他にも髪が必要とする不飽和脂肪酸ビタミン、ミネラルを豊富に含んだ100種類のボタニカル成分が、カラー後のダメージヘアを補修して、まとまりやすい潤った髪へと導きます。

グレースシードステラは、Le mentのような即効性というよりは、じっくりと使うことで内側からカラーを繰り返す髪をリペアしてくれる炭酸シャンプーです。

お値段は高めなのですが、1本使い終わる頃には髪に効果を実感している方が多く、とてもリピーター率が高い炭酸シャンプーです。

手作り炭酸シャンプーには要注意

カラーの後の炭酸シャンプーの効果がメディアでも取り上げられて、炭酸シャンプーの知名度もかなり上がってきました。

そのためか、最近ではテレビで100円の炭酸水をいつも使っているシャンプーに混ぜて即席の炭酸シャンプーを作る方法をよく見かけますが、実はあまりおすすめできません

というのも、市販のシャンプーには高級アルコール系などコストを抑えるためにかなり洗浄力が強い洗浄成分が配合されています。

そこに炭酸のクレンジング力も加えてしまうと、カラーリングしてダメージを受けている頭皮から本来必要としている皮脂まで根こそぎ除去してしまうため、頭皮のバリア機能が下がってフケやかゆみ、抜け毛などの原因になる可能性があります。

すでに紹介した炭酸シャンプーは、炭酸のクレンジングを計算して、頭皮や髪への刺激を最低限に抑えたマイルドな洗浄成分が使われています。

髪や頭皮のことを考えるなら、手作りの炭酸シャンプーだけはやめておいたほうがいいです

カラー後には炭酸シャンプーでヘアケアを

後ろ髪

カラーリングした後の毛髪や頭皮には、残留アルカリなど目に見えないダメージが残っています。

今回の特集では、カラーの後の炭酸シャンプーがなぜ効果的なのかご紹介しました。

まとめてみると炭酸シャンプーには…

  • カラー後の残留アルカリを除去、頭皮を弱酸性へ
  • キューティクルの収れん作用でカラーの持ちを向上
  • カラーリング剤の独特のニオイを消臭
  • トップのボリュームやハリ・コシのアップ

といった効果が期待できます。

美容院ではカラーリングの後に「炭酸スパをしませんか?」と勧められることもありますが、炭酸シャンプーを購入すれば、自宅で毎日手軽に炭酸スパができます。

カラーの後のダメージヘアにお困りの方は、炭酸シャンプーで頭皮・毛髪をケアしてみるのはいかがでしょうか?

おすすめの記事