炭酸シャンプーは飛行機へ持ち込める?

 

もともとはサロン専売品だった炭酸シャンプーも、ルメントやシンフォートの人気で知名度が上がり、自宅で愛用している方も増えています。

中には、「国内旅行で飛行機に乗るけど、炭酸シャンプーって持ち込める?」「留学で海外に行くけど、炭酸シャンプーはスーツケースに入れて預けても大丈夫?」と心配している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

炭酸シャンプーはガスが充填してあるので、心配になりますよね。

そこで、今回は炭酸シャンプーの飛行機への持ち込み方をご紹介したいと思います。

炭酸シャンプーの飛行機への持ち込みについて

人気のある炭酸シャンプー

スプレー缶は飛行機には持ち込めないと思っている方が多いですが、実は炭酸シャンプーをはじめ、ヘアスプレーなど化粧品のスプレー缶は機内持ち込み・預け入れの両方が可能です。

表でまとめてみました。

機内持ち込み預け入れ
国内線
国際線

主に、飛行機内への持ち込みや預け入れが禁止されているのは、害虫駆除用のスプレーやスポーツで使われているスプレーなど“引火性ガス”が含まれているスプレーです。

お持ち込み・お預かりができないスプレー
スプレー類は法令規則により、一部航空機への機内持ち込み・お預けが禁止されております。

引火性ガスを使用した日用品・スポーツ用品のスプレー類

日用品スプレー類
スポーツ用品スプレー類

見分けるのは簡単で、持ち込みたいスプレーの裏に…

火気と高温に注意

とあれば、持ち込めません

炭酸シャンプーに関しては、スプレー缶の裏を見ると、「高温に注意」とだけ表記されているので、飛行機への持ち込みは可能です。
*一部炭酸シャンプーにも噴射剤として可燃性のガスが使われているものがあるので、要確認!

国内線は持ち込み・預け入れどちらも可!

機内持ち込み

国内線の飛行機に持ち込む場合は、スプレー缶の制限にだけ注意すれば預け入れ・機内持ち込みどちらも可能です。

スプレー缶について国内線の条件は…

  • 1容器あたり0.5kgまたは0.5L(500ml)以下
  • 1人あたり2kgまたは2Lまで
  • キャップ又は適当な方法で噴射弁が保護してあるもの

ほとんどの炭酸シャンプーはボトル容量が200ml前後なので、1つ目の条件はまず問題ないでしょう。

2つ目の条件については、10本以上持ち込む必要がある場合は注意が必要ですが、そんなに持ち込む方もおられないと思います。

注意が必要なのは3つ目の条件

“保護してあるもの”と堅苦しく書かれていますが、炭酸シャンプーを購入した時についてくるキャップが付いていれば大丈夫です。

プッシュするボタンがそのままの状態では持ち込めませんという意味ですね。

国際線は預け入れが無難!

預け入れ荷物

国際線に乗る場合は、ちょっと要注意です。

国際線の機内持ち込みで炭酸シャンプーを飛行機に持ち込む場合には、スプレー缶も「液体物」としてみなされます

そのため、以下の条件を満たす必要があります。

  • 液体物はそれぞれ100ml以下の容器に入れる(内容量が100ml以下でも、容器の容量が100mlを超える場合は不可)
  • 容器はすべてジッパー付きの透明のプラスチック製袋に入れる
  • 袋のサイズは縦横の合計が40cm以下(容量1L以下)
  • 一人1袋まで

ルール上は、普通のシャンプーのボトルなどと同じ扱いになります。

ほとんどの炭酸シャンプーのボトルは100ml以上なので、その場合機内持ち込みはできません。

普通のシャンプーのように小さいボトルに移し替えることも難しいので、海外に行くのに炭酸シャンプーを飛行機に持ち込みたい場合は、預け入れ荷物のスーツケースに入れておくと覚えておきましょう。

また、預け入れ荷物に入れる場合は、国内線の3つのルールが適用されるのでご注意ください。

飛行機でも炭酸シャンプーは心配しないでOK

飛行機

炭酸シャンプーを飛行機に持ち込めるのかどうか、詳しくご紹介しました。

国内線なら機内持ち込み・預け入れ荷物どちらでも大丈夫です。

国際線の場合は、機内持ち込みは容量制限が厳しいため、預け入れ荷物に入れておきましょう

おすすめの記事