ミルボンのクリアスパフォーム

自宅で気軽にヘッドスパが楽しめると人気の炭酸シャンプー

中には、美容室やヘアケアサロンでヘッドスパを体験して、「ミルボンクリアスパフォーム」という炭酸シャンプーの存在を知った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はミルボンの炭酸シャンプーであるクリアスパフォームを実際に購入してレビューをご紹介したいと思います。
口コミ全成分解析も記載するので、どんな方にミルボンクリアスパフォームが向いているのかどんな効果が期待できるのか確認するのにお役立てください。

ミルボン・クリアスパフォームの基本情報

ミルボンクリアスパフォームの外箱

「ミルボン」というブランドについてあまり聞いたことのない方もいらっしゃるかもしれません。

それもそのはず、ミルボンのシャンプーはドラッグストアやスーパーで販売されていることはまずなく、基本美容室やヘアケアサロンでのみ使用されているプロ専売ブランドです。

そのため一般の方からの知名度はそこまで高くありませんが、美容師の方でミルボンのことを知らないという方はまずいません

プロから評価されて半世紀以上の歴史を持つブランドです。

そしてミルボンからプロ向けに販売されている炭酸シャンプーが、今回特集している「ミルボンクリアスパフォーム」です。

公式ホームページによると…

年齢を重ねると頭皮の皮脂が酸化し、加齢臭の原因になります。プラーミア クリアスパフォームは濃密な炭酸泡で洗い上げ、ニオイの元をキャッチし、すっきりとした頭皮環境へ導きます。

とあり、

  • 髪や地肌のエイジングケア
  • 年齢とともに悩む方が多いニオイケア

の2つに注力した製品であることがわかります。

一昔前なら一般の方は美容院などでしか購入できなかったのですが、最近ではAmazonや楽天市場など通販サイトで定価よりも安い値段でミルボンの商品が手に入るようになりました。

美容院などで購入するよりはるかに安く購入できます。

製品名クリアスパフォーム
ブランドミルボン プラーミア
内容量320g
参考価格2,869円
配合成分水、スルホコハク酸ラウレス2Na、LPG、ラウレス-4カルボン酸Naなど
*記事後半に解析結果

ミルボン炭酸シャンプーはエイジングケアにフォーカス

ミルボンにはコンセプトの異なるプライベートブランドがいくつもあります。

炭酸シャンプーであるクリアスパフォームはミルボンの「プラーミア」というブランドからラインナップされています。

プラーミアのブランドコンセプトは…

ポジティブな気持ちで今のキレイを楽しみ、これから先も髪のキレイの実感を重ねていくためのエイジングケアブランド

となっています。

ミルボン炭酸シャンプーにも年齢からくる頭皮や髪の悩みにアプローチするのに効果的な成分が豊富に配合されています。

ミルボン炭酸シャンプーの4つの特徴

ミルボンクリアスパフォームの泡

全成分の分析は後ほどご紹介しますが、簡単にミルボンクリアスパフォームの主だった特徴をご紹介します。

1.高濃度炭酸でスッキリ洗浄

シャンプー中の髪

炭酸シャンプーを選ぶ上で重要になるのが炭酸濃度

炭酸濃度が高いほど、炭酸を配合することから得られるメリットが大きくなります。

ミルボンクリアスパフォームの炭酸濃度は4,400ppm。

聞き慣れない単位ですが、これは1Lの中に4,400mgの二酸化炭素が含まれているという意味になります。

家庭用の炭酸入浴剤で炭酸濃度は100ppm、温泉などで時々見かける炭酸泉で大体250ppm、飲料用の炭酸水で3,000ppmくらいです。

ミルボンクリアスパフォームの炭酸濃度が高いことがわかりますね。

ミルボンクリアスパフォームの炭酸効果

シャンプーに炭酸を加えることにはいくつものメリットがあります。

  1. しつこい汚れを落としきるクレンジング効果
    ミルボンクリアスパフォームに含まれる炭酸は、洗髪中に非常に微細な泡になります。
    そして毛穴に詰まった皮脂や汚れをキレイに落としきります。
    頭皮の皮脂は酸化や菌の繁殖によって加齢臭の原因となるため、定期的なクリアスパフォームの使用で頭皮の気になるニオイにも効果を発揮します。
  2. 頭皮の血行促進
    炭酸シャンプーの大きなメリットの一つが“血行促進効果”です。
    クリアスパフォームの中に溶け込んだ二酸化炭素は分子構造が非常に細かく、洗髪中に皮膚に浸透して毛細血管の中に入り込みます。
    毛細血管の中の二酸化炭素濃度が高くなると、身体はより多くの酸素を取り入れるために血管を広げて血流を増やすようになり、血行が促進されます。
  3. 毛髪のダメージ回復
    髪や頭皮は自然な状態では弱酸性です。
    しかし、ヘアカラーやパーマに使われる液剤はアルカリ性や強い酸性のものが多く、繰り返すことで髪や頭皮のph値が乱れてしまいます。
    一般的なシャンプーもアルカリ性なのですが、炭酸は髪や頭皮と同じ弱酸性。
    炭酸シャンプーを定期的に使用することで、乱れてしまった髪や頭皮のph値を正常な弱酸性に戻す働きが期待できます。

2.クリアスパフォームの洗浄成分

シャンプーを選ぶ上で一番重要なのが“洗浄成分”である界面活性剤です。

水の次にシャンプーの中で配合量が多く、大体シャンプー全体の30%の量を占めています。

そのため髪や頭皮への影響も大きく、シャンプーを選ぶ上ではまずチェックするべき重要なポイントです。

クリアスパフォームの洗浄成分

クリアスパフォームに含まれている洗浄成分は次の2つ。

  • スルホコハク酸ラウレス2Na
  • ラウレス-4カルボン酸Na

スルホコハク酸ラウレス高級アルコール系の洗浄成分ですが、洗浄力が高く刺激が弱いのが特徴

ラウレス-4カルボン酸Naヤシ油が原料の弱酸性で低刺激な洗浄成分。泡立ちが良いため補助洗浄剤として配合されています。

ミルボンクリアスパフォームの洗い上がりは、どちらかと言うとさっぱり感のある仕上がりになります。

溜まった汚れを落としきって頭皮環境を整えることにフォーカスしたシャンプーなため、ホームページにもありますが週2回のスペシャルケアとして使用します。

そのためミルボンクリアスパフォームは…

「頭皮や髪のベタつきが気になる」
「頭のニオイが気になる」
「頭皮は守りつつスタイリング剤をしっかり落としたい」

といったお悩みをお持ちの方にぴったりです。

普段から「頭皮が乾燥気味…」という方には洗浄成分が強すぎてしまう可能性があるので注意してください。

クリアスパフォームに配合されている洗浄成分は高級アルコール系の中では低刺激ですが、乾燥肌タイプの方ならよりマイルドなアミノ酸系の洗浄成分で洗い上げる炭酸シャンプーの方が向いています。

3.天然エイジングケア成分をしっかり配合

ミルボンクリアスパフォームは、エイジングケアに特化したプラーミアブランドから販売されている商品なため、配合されている成分にも天然のエイジングケア成分が含まれています。

  • 黒大豆エッセンス
    スッキリと頭皮や髪の皮脂や汚れを落としきった後の保湿成分として配合されています。
    女性ホルモンや抗酸化力を強化すると言われており、年齢を感じさせない健やかな髪へアンチエイジング効果が期待できます。
  • 柿タンニン
    ニオイの元となる分子をキャッチして成分を変化させる効果があり、使い続けることで気になる頭皮のニオイが軽減されます。
    抗酸化性を持つことも確認されていて、アンチエイジング効果が期待できます。

4.続けられるコストパフォーマンスの高さ

炭酸シャンプーは基本的には美容室やヘアケアサロンで利用するために作られているため、配合されている成分も市販のシャンプーとは全く違います。

そのため値段も比較的お高め…。

ただし、ミルボンクリアスパフォームは継続して使用しやすいコストパフォーマンスも魅力です。
頭皮環境の改善には最低でも3~4ヶ月の継続した使用が推奨されるので、お手頃な値段は非常に助かります。

クリアスパフォームと他社炭酸シャンプーの比較

シャンプー内容量値段1gあたりの値段
クリアスパフォーム320g2,839円8.87円
ルメント200g2,400円12円
シムフォート150g5,980円39.86円

1gあたりで比較すると、ミルボン炭酸シャンプーのコストパフォーマンスが高いことがわかりますね。

髪の長さにもよりますが1本320gの週2回使用で、大体1ヶ月~2ヶ月は楽々使用できます。

ミルボン炭酸シャンプーの使い方&使用感をレビュー

シャンプーの仕方

  1. 予洗い
    ぬるま湯で十分に髪と頭皮を濡らして余分な皮脂と汚れを落とします。
    予洗いだけで全体の汚れの70%は落ちると言われているので、たっぷりのお湯でしっかりと洗いましょう。
  2. 炭酸シャンプーを髪につける
    容器をよく振って、ボトルをまっすぐに立てた状態でピンポン玉2つ分くらいを手に取り地肌になじませます。
    *ボトルを斜めにしてシャンプーを出すと、ガスだけが抜けてしまう原因になるのでご注意下さい。
  3. 炭酸シャンプーでディープクレンジング
    指の腹を使って、らせんを描くようにマッサージしながら地肌を洗うイメージで洗い上げましょう。
  4. すすぎ
    たっぷりのぬるま湯でシャンプー成分や汚れを流します。すすぎ残しがないように時間をかけて洗い流しましょう。

ミルボン炭酸シャンプーの使用感

実際にミルボン炭酸シャンプーを使ってみて感じたメリット・デメリットをご紹介します。

  • 地肌がスッキリする爽快感
    炭酸シャンプーならではの洗浄力の高さで、洗い上がりはキレイに汚れが落ちているのがよくわかります。
    美容院のヘッドスパを終えた時と同じようなスッキリ感があります。
  • 泡で出てくるのでシャンプーが楽々
    液体のシャンプーを直接地肌につけるのは刺激が強いですが、毎回泡立てるのは面倒…。
    でもミルボン炭酸シャンプーなら、超微細な泡になって出てくるので、髪や地肌を包み込むように洗い上げられます。
  • 洗い上がりがスースーする
    メントールが配合されているので当たり前なのですが、洗い上がりはスースーします。人によって好き嫌いは分かれるかもです。

ミルボン炭酸シャンプーの高評価・低評価な口コミ

炭酸シャンプーのデメリット

ミルボンは美容師の中では圧倒的な知名度のサロン品質を代表するようなヘアケアブランドです。

利用者が多いため口コミも高評価なものから低評価なものまでたくさんあります。

購入前にいろいろな口コミを見て、「購入するべきなのかわからなくなってしまった…」なんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、公平に高評価と低評価それぞれの口コミを解析してみたいと思います。
口コミ解析を通して、ミルボン炭酸シャンプーがどんな方に向いていていて、どんな方は他の炭酸シャンプーを選んだほうがいいのかが見えてきます。

ちなみに楽天市場でのクリアスパフォームの口コミ平均は4.61と非常に高く、5つ星評価は237件1つ星評価は1件と、基本的にはかなり満足度は高い炭酸シャンプーであることは間違いないです。
*2019/10/08現在

高評価な口コミを解析

何本リピしたか分からないくらい大好きな品です。
美容院のヘッドスパでこの商品を使っていて、初めは美容院で購入してましたが
こちらの方が断然安い(笑)ので切り替えました!
夏は週に2-3回、冬は週に1回使ってます。
頭皮の匂いや脂っぽさが気にならなくなりました^ ^
マッサージしながら洗っていくので頭の重い感じも減ったような。
なくてはならない商品です。
頭皮のにおいが気になっている方にオススメです。週に2回使用しており、マッサージをした後少し置いて流しています。私はあまり長い時間置くとパサパサになってしまうので注意していますが、使用した日のドライヤーの後はサラサラ、ツヤツヤです。
以前はサロンで購入していましたがお安く購入できるのでこちらを利用しました。
これからもリピートしたいと思います。
美容室でこの商品を知ってからネットで探して買うようになりました。地肌と毛穴がスッキリするのはもちろん、香りがよく、洗いあがりもギシギシせずに心地の良い指どおりに仕上がるところがお気に入りです。
今回は320mlを購入(このサイズがあるの知らなかった)。今までは170mlを使用していましたが、かなり持ちます。コスパもいいと思います。

サロン品質と地肌改善高価への満足感

さすがサロン専売のヘアブランドであるミルボンだけあり、もともと美容室で購入していたという方の口コミが非常に多いです。

昔なら美容室やヘアケアサロンで定価販売しているのを購入するしかありませんでしたが、最近はAmazonや楽天市場など通販サイトのおかげでリーズナブルに手に入るので継続しやすくなりました。

また、ユーザーの口コミで地肌のニオイが軽減できたという声が多いのも特徴です。
酸化した頑固な皮脂などもきれいスッキリに落とせる炭酸シャンプーならではです。

ニオイって、自分では意外と気づかないことが多いので、家族や友人から指摘されたら早めに対策を取るようにしましょう。

低評価な口コミを解析

レビューをみて購入しました。
数回しかつかっていませんが、まだレビューにあるような実感は得られていません。髪の毛が若干パサつく感じがするので頻度が減っています。
週に1回頭皮をリセットするために使っています。必要なのでもっと安くなると助かります
*2つ星や1つ星の口コミは「シャンプーのツメが欠けていた」「発送が遅かった」など、クリアスパフォームの品質とは関係ない声が多かったので、品質に対するマイナス評価のある口コミを集めています。

低評価の大半は“乾燥”がメイン

ミルボン炭酸シャンプーはマイナス評価自体が少ないのですが、シャンプーの品質について低評価している方の口コミの大半は“髪の毛がパサパサする…”といった髪や地肌の乾燥と関係のある声でした。

すでにご紹介していますが、ミルボンクリアスパフォームは比較的洗浄力の高い成分が配合されていて、さらに炭酸の洗浄力も加わります
もともと頭皮のニオイが気になっている方や、髪のベタつきに悩んでいる方にはぴったりですが、乾燥肌タイプの方は使用に注意が必要です。

ミルボンの公式ホームページでは週2回の使用を勧めていますが、乾燥肌タイプの方は週1回の使用にしたりするなどして工夫して活用するようにしましょう。

乾燥肌タイプで炭酸シャンプーを引き続き使用したい方にはマイルドなアミノ酸系洗浄成分を配合したルメントなどの方がおすすめかもしれません。

ミルボン炭酸シャンプーの全成分解析

ミルボンクリアスパフォームの大まかな特徴はすでにご紹介しましたが、「身体に使うものだからしっかり確認したい!」という方のために、全成分の解析結果もご紹介します。

成分名説明

すべてのシャンプーで約60%は水。
スルホコハク酸ラウレス2Na洗浄成分。高級アルコール系の中では刺激が少なく、洗浄力が高いのが特徴。
LPG炭酸シャンプーを泡状で出すために添加される。
ラウレス-4カルボン酸Na洗浄成分。刺激が少なく、洗浄力の高さ・起泡性の良さが特徴。
PPG-2コカミド起泡性の改善のために使用される。人体に無害。
二酸化炭素炭酸シャンプーの要。
イソペンタン噴射剤。スプレー式化粧品によく配合される。
加水分解ダイズエキス(黒大豆)保湿成分。女性ホルモンや抗酸化の強化を期待できる。
カキタンニンニオイの元を吸着する消臭効果が期待できる。
チャ葉エキス消炎効果。頭皮の収れん効果や抗菌効果も。
ワレモコウエキスバラ科の植物の根から取られる。漢方でも用いられ、抗菌作用や頭皮の収れん効果が期待できる。
アルニカ花エキスキク科の植物の花から抽出される。血行促進効果があり、ヨーロッパでは古くから民間療法で用いられている。
ムラサキバレンギクエキス地肌の角層の水分保持やバリア機能を整えるセラミドを効率よく生み出し強化する働き。セラミドは年齢とともに減少する。
ピロクトンオラミン優れた抗菌作用が認められている。十分な安全性が確認されている。
PEG-32保湿剤。吸湿性による保湿力に優れ、化粧品によく用いられる。
ポリクオタニウム-10静電気防止やコンディショニング効果が期待できる。
ポリクオタニウム-52髪のきしみを軽減して、しっとりとした質感にする。
ラウリン酸ポリグリセリル-10保湿剤。人の皮脂に近い構造で高い保湿力を持つ。
炭酸Na皮膚保護のために配合される。
クエン酸ph調整。頭皮の収れん効果も期待できる。
BGブチレングリコールの略。頭皮の柔軟化や水分量増加による保湿。抗菌作用も期待できる。
エタノール揮発性による清涼感や抗菌作用が期待できる。香料を溶かすためにも配合される。
メントール清涼感のためにヘア化粧品によく配合される。
炭酸水素Na洗浄効果の補助。ph調整効果や製品の安定効果も期待できる。
クロラミンT殺菌剤。
香料フローラル

ヘア用品を半世紀に渡って取り扱うミルボンの製品なので、基本的に危険性のある成分は含まれていません

殺菌剤として配合されているクロラミンTに関しては刺激性があることが確認されていますが、成分表は配合量の多さの順になっていて、クロラミンTは香料の次で最後から2番目なため配合量として微量で心配する必要ないレベルです。

ですが、敏感肌で他の一般的な化粧品でも発疹などの症状が出たことがあるという方はパッチテストをしてから使用してもいいかもしれません。

ミルボン炭酸シャンプーでエイジングケアを考えた週1スパ

後ろ髪

年齢を重ねるとともに感じる髪や頭皮の変化

「歳だから…」と諦めてしまう前に、炭酸シャンプーでエイジングケアしてみるのはいかがでしょうか?

クリアスパフォームの洗浄効果で、ニオイの元になる酸化してしまった皮脂や雑菌が繁殖しやすい頭皮環境をリセットできます。

しっかりと頭皮環境を整えることで、健やかな髪が育つ基礎を作りましょう。

おすすめの記事