最近、自宅で手軽に使えるヘッドスパアイテムが人気ですよね。

そこで、頭皮だけでなくフェイスケアやボディケアまでできて、コスパが高いマイトレックスEMS搭載ヘッドスパの使い方を紹介します。

操作方法やパーツごとのケア方法、ワンポイントや注意点もまとめて案内するので、ぜひチェックして下さいね。

スポンサーリンク

マイトレックスEMS搭載ヘッドスパとは?

サロンの揉み心地に最先端のEMSの刺激をプラスしたヘッドスパです。

サロンで受けていたヘッドスパが、自宅で手軽にできるアイテムです。

2種類のアタッチメント付きなので、頭皮だけでなくお顔ケアとボディケアもできる優れものです。

この1台で、

  1. 頭皮洗浄
  2. もみあげ
  3. 引き締め
  4. リフトケア
  5. 表情筋ケア

5役があります。

スポンサーリンク

マイトレックスEMS搭載ヘッドスパの操作方法

まず初めに、操作方法を覚えておきましょう!
使いやすいワンタッチ操作なので、誰でも簡単に操作できます。

電源マークを押すとオン・オフ回転モードの選択ができます。

一押しで、電源&モード切替。
長押しで、電源オフ。

1:低速
2:低速反回転
3:高速
4:高速反回転

その下のEMSレベルボタンで、5段階から選びます。

LEDステータスランプについて

 

青色LED:EMSレベル表示

5段階から、好みの強さを選びましょう。
 

白色LED:電池残量表示

LED1~5のすべてが点灯したら、充電完了です。

※充電中は白色LEDが順に点滅点灯していきます。

 

スタッフ
操作方法がわかったら、使い方をチェックしていきましょう!
スポンサーリンク

マイトレックスEMS搭載ヘッドスパの基本の使い方

まずは、基本的な使い方から押さえておきましょう!

マイトレックスEMS搭載ヘッドスパは、動作開始から15分経過すると自動的に停止します。
15分を目安として、揉みこんでいきましょう。

  1. 写真のように本体をしっかりと持ちます。
  2. 電源ボタンを押してオンにして、あなた好みの回転モードとEMSレベルを選択します。
  3. ヘッドスパとして使用したら、シャンプーを洗い流しいつもののお手入れ(トリートメント・コンディショナー)をしましょう。
  4. ケアが終わったら、電源ボタンを長押し(約3秒)して、電源オフ。
  5. 使用後は、付属のブラシで本体をお手入れしましょう。
    部品は取り外して掃除できます。
  6. 充電は、付属の充電台にUSBコード、ACアダプターを接続して、本体の電源をオフしてから行いましょう。

※端子部分がカチッとはまるように、ゆっくりと根元まで押し込みましょう。

ポイント!
EMSは水分を通じて伝わります。
お肌をたっぷりと濡らしてEMSの刺激を実感しましょう。

 

水・ローションジェルでも使用できます。

使用中に、お肌が乾かないように十分に湿らせましょう。

スタッフ
もちろん、乾いたお肌や頭(髪)にも使えますが、EMSの刺激は感じにくくなります。

マイトレックスEMS搭載ヘッドスパのパーツごとの使い方

IPX7だから、お風呂でも安心して使えます。

※IPX7
一時的(30分)に水深(1m)の条件に水没しても内部に浸透しない防水性能のこと。

特にEMSは、水と反応することでより伝わりやすいので、ぜひバスタイムで使用してみて下さい。

水中では、動作が停止するので浴槽では使用しないでください。

ヘッドスパとしての使い方

基本的な使い方は、とても簡単!
バスタイムに軽く当てて動かすだけです。

スタッフ
軽く押しあてるのがポイントです!
絶対に強く押しあてないでください。

頭を4つのブロックに分けて頭皮を揉みこんでいきましょう!

  1. 前頭部のケア
    生え際に約5秒間当てます。
    その後、頭頂部へ約5秒間かけて動かします。
  2. 側頭部のケア
    側頭部は持ち上げるようにリフトケア!
  3. 後頭部のケア
    生え際に約5秒間当てた後、頭頂部に向かってゆっくりとリフトケア。
  4. 頭頂部と後頭部のケア
    頭頂部からえりあしに向かって約5秒間ずつ押し当てて動かしましょう。

事前に、頭皮・ボディ用アタッチメントをセットしておきましょう。

スタッフ
頭皮を濡らした状態でも良いですが、シャンプーを泡立ててから使うと、毛穴の奥の汚れまでスッキリ落とせるので、おすすめです!

顔からデコルテまでのケア

まずは、フェイスケア用のアタッチメントに変えましょう。

メイクを落とした状態のお肌に使用します。
お顔の皮膚は繊細なので、必ず低速モードで使用して、軽く押しあてるようにしましょう。

  1. フェイスライン
    あごに当て、耳に向かってゆっくりとリフトケアします。
  2. おでこ
    おでこから髪の生え際に向かってリフトケア。

  3. 耳の下に当て、鎖骨に向かってゆっくりと動かします。
  4. デコルテ
    鎖骨の下に当て、脇に向かってゆっくりと動かしましょう。

  5. 肩関節付近から、うなじに向かってゆっくりと動かす。

マイトレックスEMS搭載ヘッドスパの使用禁止部位

  • 目のまわり
  • 口のまわり
  • 喉仏

は、繊細な部分なので使用しないでください。

スタッフ
口コミでもありましたが、銀歯の上に当てると響いて痛みを感じるので、銀歯付近は避けましょう!

フェイス~デコルテ使用までの注意点!

首筋に使用するときは、EMS刺激が強く感じる場合があるので注意しましょう。

お肌は、水やぬるま湯で十分に湿らせてください。

必ず、低速モードで、強く押しあてないでください。

ボディケア

ボディケアは、それぞれパーツごとに紹介します。

二の腕編

肘から脇に向かって、ゆっくりと動かしましょう。
脇の手前で止めて下さい。

ウエスト編

脇腹から、おへそに向かって動かしましょう。

ふくらはぎ編

アキレス腱から膝に向かって、ゆっくり動かしましょう。

太もも

下から足の付け根に向かって、ゆっくり動かします。

 

マイトレックスEMS搭載ヘッドスパの価格

マイトレックスEMS搭載ヘッドスパは、定価で¥13,860(税込)します。

2022/06/09現在

Amazon:13,860円(税込) 送料無料
楽天市場:13,860円(税込) 送料無料
Yahoo!ショッピング:13,860円(税込) 送料無料

私がチェックしたときは、楽天市場で2000円クーポンがありました。
Yahoo!ショッピングでも、Peypeyポイントのキャッシュバックもありました。

その時によって、クーポンが違うので購入前にチェックするのがおすすめですよ!

スタッフ
あなたが普段使っているポイントで選ぶのもアリですよ。

まとめ

自宅で簡単にケアできるマイトレックスEMS搭載ヘッドスパの使い方を紹介しました。

注意点を守って、至福の時間を堪能しましょう。

ヘッドスパをするだけで、頭皮を健康な状態を保ってくれます。

  • 頭皮のニオイ
  • 頭皮のベタつき
  • 薄毛・抜け毛
  • 白髪
  • 頭痛

だけでなく、眼精疲労やお顔のたるみケアにも効果的です。

頭皮とお顔の皮膚は1枚で繋がっているので、早めのケアを始めませんか。

スポンサーリンク
おすすめの記事